チャーリーのおバカ日記

charlie24k.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 16日

何分の一?


とあるツイートを見て、昔のことを思い出した。

それが このボットン便所の下の世界なんだが、想像とは違ってつまらんものだった(^^ゞ


なぜなら、その世界をおいらは知っているからだ!




あれは、小学校の3、4年生頃ではないだろうか。


うちがお寺なのはもう知ってるよね?

当時、納骨堂を新しくするので、増築?してたのだけど、子供だからそういうの見るの楽しいよね?


そしたら、どういう会話の流れでそうなったかは分からんが、掃除してくれる?って言われて、すっげー嬉しかったの!!



当時の汲み取りトイレの穴は40㎝くらいかなー?
大人は入れないよねー?w


で、おいらの出番!!


行ってくれる?

勿論!!


こうしてくれればいいから?

了解!^^



そうして、小さい穴からやさしく下ろされたのです。


ほうきとチリトリ?をもらって、コンクリの破片などを掃除して、引き上げてもらいました!^^



子供にとって、大人に出来ないことを頼まれるって、凄い嬉しいよね?^

頼まれた仕事をこなして、有頂天になった記憶だけがいまだにw




おいらは そんな自慢話をすっかり忘れて、誰にもしないで、家族すら知らないんだろうなー?www




そんなおトイレは、随分昔に取り壊されて無いのですがね?

昔書いたように、おいらの思い出の場所はもう何一つ残ってはいないのです(T_T)






3/24追記

あー!
タイトルの意味が不明のままだったね?www

ボットン便所に落ちた…もとい、入ったことのある人は、100万人に一人居るだろうか?なーんて考えてみたから付けたタイトルだったのさ!(^^ゞ


そういや30年くらい前?に、駅?のボットン便所にレインコート?と傘?と懐中電灯を持って降りて、覗いて逮捕された奴のニュースを見たなー!

頼むから そんな奴とおいらを 一緒にしないでくれなー?www

[PR]

by charlie24K | 2013-03-16 05:35 | 日常?w


<< 会いたい      エミリーとの再会^^ >>